反影詩 -シャドウバース-

シャドウバースのプレイ日記、自分のデッキ集など。

2pick:カード評価基準

0~10点の十一段階評価で行きます。

10点:出しやすい上に対処されにくく、これ一枚自力だけでゲームに勝ちかねない超強力なボム。シャドバ2pickにはまだ存在していない。

9点:出せて生き残れればゲームを自力で決めるパワーを秘めるカード。出せるまで生き残るか、対処させないための工夫が必要。《メドゥーサ》《デュエリスト・モルティガイ》など。

8点:簡単にアドバンテージを取れる強力カード。強いAoE、テンポやEPなどを取れるのも含む。《フローラルフェンサー》《テミスの審判》など。

7点:場合によっては大きくアドバンテージを稼げる、または対処されないと敵に大打撃を与えられる良質カード。または、相手の脅威をより低コストに対処出来るカード。《ダークドラグーン・フォルテ》《鋭利な一裂き》など。

6点:優良なスタッツや、それなりにアドバンテージを稼げる可能性があるカード、またはそこそこ良質な除去。《天剣の乙女》《ロビンフッド》など。

5点:デッキに入れても邪魔にならない普通のカード。カーブを埋めるために重宝する。《ファイター》《猛襲》など。

4点:デッキに入れてもいいがあまり引きたくないカード。スタッツが悪かったり効果が限定的だったりこのコスト域そもそも要らなかったり。《マジックミサイル》《エンジェルバレッジ》など。

3点:デッキに入れたくないカード。抱き合わせで入れなければいけない場合、限定的な場面でまだ役に立ってくれるカード。《研磨の魔法》《武装強化》など。

2点:強力カードとの抱合せじゃなければピックしないカード。役に立つ場面が限定的すぎる上に、効果もいまいちなカード。《運命の泉》《ツインプリズナー・フラム》など。

1点:ゴミカード。全くと言っていいほど役に立たなくて、手札で腐れるほどPPが余らないことを祈りたいカード。《天上の楽曲》《天翼を食うもの》など。

0点:引いても出したくないゴミ以下の産業廃棄物。《冥府への道》《鉄壁の城塞》など。